コラーゲンを摂取しようと思った時、まず最初に決めておきたいのが、「サプリタイプ」と「ドリンクタイプ」のどちらにするか?です。 「どっちでも同じコラーゲンなんだから一緒でしょ?」と思っている方。実は全然違いますので注意しましょう。

コラーゲンドリンクは、吸収率が高く効果を早く実感しやすいですが、1本あたりの値段は高めです。 コラーゲンサプリは、実感できるまでに時間はかかるものの、価格が安めで続けやすいです。

実感しやすさ・続けやすさのどちらを優先させたいか? によって、ドリンク・サプリのどちらを選ぶのか? が変わってきます。


※注意事項※
とはいえ、コラーゲンドリンクかサプリのどちらかを選ばなければいけない、なんてことはありません。 実際、コラーゲン愛用者の中には、ドリンクとサプリを以下のようにうまく組み合わせて使っている方も多いです。


独身女性なら「デートの前」、既婚女性なら「子供の学校の行事の前」など、あなたにとって「大事な日」の前だけコラーゲンドリンクで潤いを補給。 で、普段は価格が安めのコラーゲンサプリで潤いを維持する、という使い分けです。

人気のコラーゲンドリンク「美・皇潤」の5日間トライアルセットなら、 サプリタイプの「美・皇潤 タブレット」30粒もセットでついてくるので、2商品購入するムダ・手間が省けます。

1位 美・皇潤

5日間トライアルセット1,890円(送料無料)

贅沢すぎる3つの美容成分「高級食材ふかひれコラーゲン」・「皇潤ヒアルロン酸」・「ツバメの巣」を配合したコラーゲンドリンク。

これ以上ないほどの高級食材が黄金比率でたっぷり配合されています。

「美・皇潤ドリンク」にプラスして、「美・皇潤タブレット」「美・皇潤パーフェクトフェイスマスク」もついてくる5日間トライアルセットが人気です。

 

 


10日間チャレンジ(10本入り)が半額1,805円(送料無料)

愛飲者の89.5%が違いを実感しているコラーゲンドリンク。「続けたい」と答えた方は97%。

富士フイルムが独自開発した高純度の低分子コラーゲン「ピュアコラーゲン」10,000mgが30mlのミニボトルにたっぷりと配合されています。

原料から一番最初に抽出されるコラーゲンのみを使用することにより、徹底的び高品質にこだわりを持ってつくられたドリンクです。

 

 


リピート率90%・1000万袋突破のサプリ♪

東京の高級料亭も認めた佐賀県産の「高級はがくれすっぽん」のみ使用したロングセラーのコラーゲンサプリ。

「肌質・髪質が変わった気がする」「お化粧のノリが良くなった」「子育ての疲れが残らなくなったような」などの口コミが多く見られます。

1日約98円で続けられるというコストパフォーマンスの良さも人気の秘訣です。

 

 


ダイエット中の女性に特に人気のサプリ♪

コラーゲンの他にもダイエッターに嬉しい成分が多く配合されているサプリです。 5年前・10年前と食事の量はあまり変わっていないのに太ってしまう・・・そんな基礎代謝低下気味の女性にオススメ。

黒酢はアミノ酸が多く入っていることで有名ですが、そんな黒酢の312倍ものアミノ酸が「肥後すっぽんもろみ酢」には入っています。

30日分が実質無料になる「トクトクコース」が人気です。(送料のみ500円負担する必要があります。)

 

 





自己紹介が遅れましてすみません。「コラ美」です♪ コラーゲンのこと私と一緒にお勉強しましょう♪

コラ美のおすすめページ


・守りと攻め2WAY美容 エバーライフ【美・皇潤】
高級フカヒレコラーゲン・低分子ヒアルロン酸・ツバメの巣、3つの美容成分を配合した 飲む美容液。 キレイをキープしたい「守り」と特別な日のための「攻め」を、ドリンクとタブレットのセットで目指しましょう。 >>続きはこちら

動物性・海洋性・植物性コラーゲンのメリット・デメリットを検証
コラーゲンには、牛や豚など哺乳類を原料にした「動物性コラーゲン」、最近注目度の上がってきている「海洋性コラーゲン(マリンコラーゲン)」、そして「植物性コラーゲン」などの種類があります。 それぞれの違いを知っておきましょう。 >>続きはこちら


「ゲン子」です! コラ美先輩よりキレイで輝ける女性になるためにコラーゲン生活はじめました♪

ゲン子のおすすめページ


・飲むコラーゲン徹底比較!!コラーゲンの選び方のポイントも解説
飲むコラーゲンとひとことで言っても、ドリンク・サプリメントをはじめとして、いろいろなタイプがあります。 それぞれの特徴や、メリット・デメリットをまとめたページとなります。 >>続きはこちら

コラーゲンの力を引き出す名サポーター ビタミンC
実は、コラーゲンだけを摂取しても再合成することができません。 コラーゲンの再合成には、ビタミンC・リシン・プロリンの3つが必要となります。 >>続きはコチラ


コラーゲンの働きと構造


コラーゲンと聞くと、肌のハリや弾力など美肌のイメージが強くあります。 化粧品やサプリメントなども美肌を謳い文句にして販売していることが多いのも、イメージを強くしている一因でもあると思います。

そもそも、コラーゲンとは何ものなんでしょうか? コラーゲンとは、ラテン語が語源になっている言葉で、「col(膠 にかわ)」と「gen(素になるもの)」がくっついてcllagen(コラーゲン)になったそうです。

膠とは、動物の骨や皮を煮だして固めたもののこと。すなわちゼラチンです。
ゼラチンの素になるもの=コラーゲンという意味からきているのですね。 続きはコチラ>>>


加齢とコラーゲンの関係 コラーゲンで老いを止められるのか!!?


肌の真皮にはコラーゲン繊維の束があって、その束は網の目のようになり、クッションの役割を果たしています。 それが健康な肌のハリや弾力というように表現されています。

このコラーゲンの束が加齢によって細くなっていって、肌のハリや弾力が低下しシワやたるみ・法令線などが現れるのです。 体内のコラーゲン量は20歳がMAXの100%と考えられています。

その後どんどん年齢とともに減少していき、25歳頃から体内で合成されるコラーゲン量が急激に減少・新陳代謝も衰えていきます。 60代頃にはMAX時の約30%にまで減少してしまうのです。 続きはコチラ>>>


食品からの摂取は非効率的?コラーゲンの上手な摂取方法


コラーゲン鍋、コラーゲンドリンクやゼリーなどコラーゲンが配合された食品が、お肌がぷるぷるになりたい☆という美肌効果を期待する女性の皆さんを中心に人気です。 しかし、コラーゲンを食品などから経口摂取しても、コラーゲンとしてはほとんど体内へは吸収されていないのです。

その理由はコラーゲンの構造にありました。 コラーゲン分子は3本のアミノ酸の鎖が螺旋状に編まれた構造をしています。 他のたんぱく質と比べて、分子量も大きくそのまま吸収することができません。

そのためコラーゲンは体内に入るとアミノ酸やペプチドに分解され、腸の絨毛から吸収されて全身に運ばれます。 そして必要に応じて体内でリシンやプロリン・ビタミンCなどによって、コラーゲンが再合成されるのです。 続きはコチラ>>>


コラーゲンの力を引き出す名サポーター ビタミンC


実は、コラーゲンだけをを摂取していても再合成することができません。 コラーゲンを再合成させるためには、ビタミンC・リシン・プロリン この3つの成分が必要なのです。

特にビタミンCはコラーゲンを合成するときには必須成分。

ビタミンCが欠乏してしまうとコラーゲンが合成できないので体内で不足して、皮膚や粘膜、細胞間の結合が緩んで歯茎や皮下から出血しやすくなってしまうのです。 続きはコチラ>>>


コラーゲンの摂取量は決まってない!?確実に効果を得る摂取量とその方法


様々なコラーゲン配合の化粧品やサプリメント・ドリンクなどが販売されていますが、〇〇mg配合とあっても1日にどのくらい摂取したら、体内のコラーゲンは満たされるのでしょう??

サプリメントやドリンクには、1日の摂取量の目安は表示してありますが、実際どの程度摂ってもいいのか?
摂り過ぎても大丈夫なのか?など、コラーゲンについて実は知らないことが多いような気がします。

コラーゲンはたんぱく質の1種。じゃあ、たんぱく質量=コラーゲン摂取量なのか?というとそれも違います。

コラーゲンも含めたたんぱく質すべての栄養素の摂取量目安。 じゃあ、たんぱく質と同じ量を摂取すればいいのか?これも違います。続きはコチラ>>>


コラーゲンが減少するとどうなるのか、実は色々不都合なことがでてきます。


例えば、美容の面では肌が硬くなっていきます。 そういえば、年齢を重ねるとだんだんお肌が硬くなってきます。それはコラーゲンが減っているからなんですね。

また中高年になると、膝が痛くなったり階段の昇り降りが困難になったりします。これもコラーゲンが減少した結果です。 コラーゲンの減少で骨粗しょう症になったりする可能性もあるようです。

このようにコラーゲンは人の健康と美容にはとても大切です。 コラーゲンが多く含まれている食品を意識して摂るようにしなくてはいけません。

しかし、1日に5,000mg必要と言われるコラーゲンを食品から摂るのはとても難しいです。 必要摂取量をきちんと毎日摂取し、なおかつキチンと吸収させるためには、サプリメントやドリンクで効率よく補うのがよいでしょう。

サプリメントやドリンクに含まれるコラーゲンは低分子化されていて、吸収しやすいようになっています。





更新履歴

2016/6/14 トップページを更新しました。

コラーゲン関連HP

日本ゼラチン・コラーゲン工業組合
コラーゲンナビ: コラーゲンの全てがわかる情報サイト
コラーゲン総合情報 @cosme(アットコスメ)

知ってるようで知らないコラーゲンの知識

 

コラーゲンを上手に摂取するために

 

人気のコラーゲンドリンク

 

人気のコラーゲンサプリ

 

お手軽コラーゲンゼリー

 

人気のコラーゲン化粧品