知ってるようで知らないコラーゲンの知識

肌・髪・爪以外にも効果あり?コラーゲンの真のチカラ

・美肌効果
・バストアップ効果
・便秘解消
・骨密度上昇
・育毛効果
・関節痛の改善


など、コラーゲンには様々な効果が期待できるとされています。


へー・・・。美肌効果以外にもいろんな効果があると言われてるんですね。


そうなのよ♪ 以下、それぞれの効果について詳しく解説するから参考にしてみてね♪


美肌効果


肌は、表皮・真皮・皮下組織の3層の組織に分けられます。コラーゲンは真皮層にもっとも多く存在し、真皮全体の約70%を占めています。


繊維状のコラーゲンがエラスチンやヒアルロン酸を肌の内側から支え、肌のハリや弾力を保っています。


コラーゲンを摂取することで、肌のターンオーバーが正常化され、体内でのコラーゲンの合成も活発になり、肌にハリや弾力を与えしわやたるみを予防する効果が期待できるのです。


髪・爪への効果


コラーゲンは、加齢によって表面がもろくなった爪を強化したり、髪にハリやコシをあたえて丈夫に美しくしたり、抜け毛や白髪の予防の効果も持っています。


髪も爪もケラチンという硬質たんぱく質から構成されています。髪を形成する毛母細胞・爪を形成する爪母細胞に、構成成分と同じたんぱく質の1種コラーゲンペプチドが働きかけて代謝を促進することで、爪や髪が丈夫になるのでは?と考えられています。


関節痛改善効果


関節は骨と骨がつながっている部分のことで、関節があることで様々な動きをすることができています。骨の関節面に存在し、関節の動きを円滑にする弾力のある結合組織が軟骨です。


加齢とともに、関節部の軟骨がすり減り関節痛が起きたり、肘や膝をまげるとキシキシ音がして動かしにくくなることも出てきます。


これらの症状もコラーゲンの摂取で改善・予防することができるのです。


コラーゲンの種類 それぞれが持つ性質によって効果に違いがあるんですのところでも紹介していますが、関節や軟骨に含まれるコラーゲンは2型のコラーゲン。この2型を含んだコラーゲンを摂取することで、関節軟骨の変性を遅らせたり、関節の老化を予防できる効果もあるのです。


骨を丈夫にする


コラーゲンが骨を丈夫にする?骨ってカルシウムからできているんじゃないの??と思っている方がほとんどでしょう。ワタシもそう思っていました。


骨の成分割合は、カルシウムやリンが約70%、コラーゲンなどの有機物が約20%、水分が約10%で構成されています。


確かに骨の主成分はカルシウムやリンですがこれらは骨の硬さの成分。


コラーゲンは、骨のしなやかさ・弾力性を担っているのです。骨も硬いだけではすぐに折れてしまいます。弾力性やしなりがあることで骨の強度が増すのでコラーゲンはとても大切な成分なんです。


骨密度が下がり、骨をもろくしてしまう病気「骨粗しょう症」の原因は骨密度と言われてきましたが、近年骨密度だけでなく骨質も大きく関係していることが分かったそうです。


骨の質。つまり、骨の土台になるコラーゲンが骨を根本的に強くするということです。コラーゲンを摂取することで、骨の代謝を促進し骨密度を上昇・維持してくれるのです。


血管を丈夫にする


コラーゲンの働きの中で最もワタシ達の命に直結する重要な部分です。


血管はコラーゲンの線維で強度と弾力性が保たれています。血管壁は内膜・中膜・外膜の3つに大きく分けられコラーゲンは主に中膜に存在しています。


血管のコラーゲンの劣化や減少は血管の強度や弾力性をなくし、細くなり硬くなっていき、やがて高血圧や動脈硬化を引き起こす要因ともなりかねないのです。


コラーゲンの摂取で血管の老化・高血圧・動脈硬化の予防にもなるのです。



関連記事
コラーゲンの働きと構造
加齢とコラーゲンの関係 コラーゲンで老いを止められるのか!!?
コラーゲンの種類 それぞれが持つ性質によって効果に違いがあるんです


<<<前の記事 コラーゲンの働きと構造






知ってるようで知らないコラーゲンの知識

 

コラーゲンを上手に摂取するために

 

人気のコラーゲンドリンク

 

人気のコラーゲンサプリ

 

お手軽コラーゲンゼリー

 

人気のコラーゲン化粧品