知ってるようで知らないコラーゲンの知識

コラーゲンの種類 それぞれが持つ性質によって効果に違いがあるんです

現在、コラーゲンの種類は30種類以上、型は19種類以上あると言われます。
その中でも、分子の構造いよって細かく種類分けされます。


同じコラーゲンでも種類があるんですか? なんだか難しそう。。


あなたの場合、美肌目的よね? それなら「1型」と「3型」だけでもチェックしてみて♪


1型コラーゲン


ワタシたち脊椎動物の体内にもっとも多く存在するコラーゲンの種類は1型。 1型コラーゲンは骨や皮膚・歯や腱などを形成して肌に弾力性を持たせるコラーゲンです。


年齢とともに減少することが知られるコラーゲンの型で、皮膚の9割は1型から構成されているのです。化粧品やサプリメントに活用されているコラーゲンのほとんどは、この1型のコラーゲンなんです。


2型コラーゲン


2型のコラーゲンは関節や軟骨、眼の角膜、眼球の硝子体に含まれているコラーゲンです。関節や筋肉と密接に関わるコラーゲンで、重要なコラーゲンの1つです。


この2型のコラーゲンも年齢とともに減少していってしまいます。加齢によって関節痛や軟骨がすり減っていくのは、2型のコラーゲンが減っていってしまっているのが原因。


関節痛やきしみに悩んでいるヒトは、積極的に2型のコラーゲンを摂る必要があるようです。


3型コラーゲン


3型のコラーゲンは1型のコラーゲンと共存していることが多く、肌の真皮・動脈壁、子宮壁や消化管壁、臓器に多く存在しています。とても細かい繊維で組織に柔軟性を与える働きもします。


細網線維と呼ばれる網状の構造を形成して細胞の土台を作り、美容に深く関わる種類です。1型と3型のコラーゲンが減少すると肌のハリ・弾力が失われていき、老化していってしまうのです。


傷を治す初期段階がこの細網線維で土台をつくって3型コラーゲンが増殖し、1型コラーゲンに置き換わることで治癒するので、3型もとても大切なコラーゲンの1つなんです。


美肌のためにコラーゲンを摂取したいヒトは1型と3型のコラーゲン、関節や軟骨の痛みやきしみは2型のコラーゲン。




このようにコラーゲンの種類によって働き・効果に違いがあります。


必要な型が含まれるコラーゲンを摂取することが、体内へ効率よく吸収するためには大切なんだと感じます。


関連記事
コラーゲンの働きと構造
肌・髪・爪以外にも効果あり?コラーゲンの真のチカラ
加齢とコラーゲンの関係 コラーゲンで老いを止められるのか!!?


<<<前の記事 加齢とコラーゲンの関係 コラーゲンで老いを止められるのか!!?







知ってるようで知らないコラーゲンの知識

 

コラーゲンを上手に摂取するために

 

人気のコラーゲンドリンク

 

人気のコラーゲンサプリ

 

お手軽コラーゲンゼリー

 

人気のコラーゲン化粧品