知ってるようで知らないコラーゲンの知識

動物性・海洋性・植物性コラーゲンのメリット・デメリットを検証

サプリメントや化粧品に配合されているコラーゲンの原料は様々。一体どんなものから、コラーゲンは抽出されているのでしょうか??


まず、牛や豚など哺乳類を原料にした動物性コラーゲン


そして、最近注目されている海洋性コラーゲン(マリンコラーゲン)。


そして最後に植物性コラーゲン


知らなかったなぁ。一言で「コラーゲン」っていっても原料はいろいろなんですね。


コラーゲン配合のサプリ・化粧品を選ぶ時には、原料が何か? を確かめるのも大切よ♪


植物由来のコラーゲンなどという言葉も聞きますが、実は植物性コラーゲンというものは存在しません。コラーゲンとは動物に存在するたんぱく質の1種なので植物にはコラーゲンは存在しないのです。


ですが、人参や大豆から抽出される成分でコラーゲンと似た働きをすることから、植物性コラーゲンという言葉ができたようです。



植物性コラーゲンの特長は、他の種類のコラーゲンとくらべて10倍の保水力。そのため、サプリメントなどの食品よりも、化粧品の原料に使われることが多いそうです。


動物性コラーゲン

動物性コラーゲンとは、牛や豚・鶏などから抽出されるコラーゲンで最も一般的に使用されてきたコラーゲンです。豚足や牛すじ・鶏皮などが有名ですね。


ヒトに最も近い構造をしているのが特長です。


メリット
安価で手に入りやすい
食材としてもおいしく摂取することができる
加工しやすい
ヒトに近い構造のコラーゲン
熱に強い


デメリット
動物特有のニオイ
脂質なども含み純度が低い
構造が複雑で体内での分解に時間がかかる
分子量が大きく体内に吸収されにくい
狂牛病(BSE)発生後、安全性が不安視されている


動物性コラーゲンは、食材としても摂取することができ、安価で加工しやすいというメリットがある一方で、構造が複雑で低分子に分解することが困難で胃腸にもかかりやすく、体内へ吸収する温度が35度から40度必要なので、体温よりも高いため吸収にも時間がかかるなどのデメリットの方が多いようです。



そして、数年前まで主流で使われていた牛が狂牛病(BSE)の発生によって安全性に不安があり、現在は動物性コラーゲンは豚が主に使用されています。動物性コラーゲンは、動物の脂肪やカルシウムが混ざりやすく純度が低く、その分必要なコラーゲンを取ろうと量を増やすと、カロリーオーバーしやすいので注意が必要でしょう。


すっぽんコラーゲン


動物性になるのか?と悩みましたが、話題のすっぽんコラーゲン。すっぽん料理はコラーゲン豊富でな高級食材です。


すっぽんはご存知の通り、カメの1種で一度噛み付いたら離れないという動物で有名ですね。中国では、精力増強・滋養強壮に使われてきました。日本でも、すっぽんは精力・体力回復など、どちらかというと男性に使用されているイメージがあります。


すっぽんの甲羅のフチ部分「エンペラ」はコラーゲンの固まりで、美容に必要なアミノ酸をはじめとする栄養素が豊富に含まれているのです。


しかし、すっぽんは高級食材でもありますし日常的に毎日食べられるものではありません。すっぽんサプリなら、毎日すっぽんの成分がコンスタントに補給できると人気なのです。


海洋性コラーゲン


マリンコラーゲンやフィッシュコラーゲンなどとも呼ばれる魚の骨や皮・ウロコなどから抽出されるもので、アミノ酸に分解されやすいのが特長の魚由来のコラーゲン。


フカヒレ・エイヒレなどに多く含まれていることで有名です。



メリット
分子が小さいため、消化吸収が良い
体内への吸収も早い
アレルギーが少ない
安全性が高い
純度が高い
低カロリー


デメリット
ニオイが強い
価格が高いものもある


動物性コラーゲンと比較して低分子なので体内への吸収効率がとても良い(動物性コラーゲンの約7倍の速さ)のが最大のメリットでしょう。


そして、体内へ吸収するために必要な温度が15度と低いので、ワタシ達の体温くらいの温度があれば分解・吸収するためには十分です。


最近のサプリメントの原料はほとんど海洋性コラーゲン。低分子で吸収されやすく、品質・安全性ともに高いことが理由でしょう。


関連記事

飲む コラーゲン徹底比較!!コラーゲンの選び方のポイントも解説
コラーゲンの摂取量は決まってない!?確実に効果を得る摂取量とその方法


<<<前の記事 コラーゲンの種類 それぞれが持つ性質によって効果に違いがあるんです





知ってるようで知らないコラーゲンの知識

 

コラーゲンを上手に摂取するために

 

人気のコラーゲンドリンク

 

人気のコラーゲンサプリ

 

お手軽コラーゲンゼリー

 

人気のコラーゲン化粧品