コラーゲンを上手に摂取するために

食品からの摂取は非効率的?コラーゲンの上手な摂取方法

コラーゲン鍋、コラーゲンドリンクやゼリーなどコラーゲンが配合された食品がお肌がぷるぷるになりたい☆女性を中心に人気です。


しかし、コラーゲンを食品などから経口摂取しても、コラーゲンとしてはほとんど体内へは吸収されていないのです。


その理由はコラーゲンの構造にありました。


コラーゲンの働きと構造 コラーゲンの構造のところでも紹介したように、コラーゲン分子は3本のアミノ酸の鎖が螺旋状に編まれた構造をしています。他のたんぱく質と比べて、分子量も大きくそのまま吸収することができません。



そのためコラーゲンは体内に入るとアミノ酸やペプチドに分解され、腸の絨毛から吸収されて全身に運ばれます。そして必要に応じて体内でリシンやプロリン・ビタミンCなどによって、コラーゲンが再合成されるのです。


なんだか難しくて分かんなくなってきたんですけど。。


吸収される時の流れ「コラーゲン→アミノ酸・ペプチド→コラーゲン」は知っておいて損はないわよ♪


コラーゲンの優先順位


体内のコラーゲンの約40%は皮膚、約20%が骨や軟骨に存在していて、残りの40%ほどは内臓や血管など全身に存在しています。全身のあらゆる部分に存在するコラーゲンは再合成されても使用される優先順位があるのです。



最も優先されるのが、血管や内臓など生きていくために必要な部分や不足しがちな関節などへ優先的に使われるので、皮膚組織の優先順位は最も低いとされています。


しかし、皮膚も傷ができたりと損傷した場合は、脳が修復しなければと判断するため再生力が高まるのだそうです。


肌への影響がほとんど実感できないこと、コラーゲン自体をそのまま吸収するわけではないことから、コラーゲンの経口摂取はあまり意味が無い。という説が出てきたようです。


コラーゲンもそのままでは、一度分解されてから再合成されるのですが、低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)なら、そのまま吸収することができます。


コラーゲンペプチドとは??


コラーゲンペプチドとは、ゼラチンを酵素分解で低分子化したもので低分子コラーゲンとも呼ばれます。


ゼラチンとは、コラーゲンの原料となる肉類や魚を焼いたり煮たりしたときにできる煮こごりのこと。コラーゲンは加熱することで変性してゼラチンへとカタチを変えます。



コラーゲンの平均的な分子量が30万から36万ほど。ゼラチンに変性するとその分子量はす数万から十数万まで小さくなります。コラーゲンペプチドに分解されると、数百から数千という分子量にまで縮小することができます。


分子量が小さくなれば、体内でアミノ酸に分解されやすくなって吸収性も高くなり実感力も強まります。腸から吸収されたコラーゲンペプチドは身体の中の線維芽細胞を活性化。コラーゲンの合成を促進させてくれるのです。


ペプチド化すると、加熱しても冷却しても分子量も安定するのでサプリメントやドリンクにも使いやすくなるのです。


コラーゲンをそのまま食品から摂取するのは効率が悪いですが、ペプチド化させることで吸収がよくなるので、早く実感させたいヒトはコラーゲンペプチドを含む食品やサプリメントを使用するといいかもしれませんね。


関連記事

コラーゲンの働きと構造
肌・髪・爪以外にも効果あり?コラーゲンの真のチカラ
コラーゲンの原料 動物性コラーゲン・海洋性コラーゲン・植物性コラーゲン メリット・デメリットを検証






知ってるようで知らないコラーゲンの知識

 

コラーゲンを上手に摂取するために

 

人気のコラーゲンドリンク

 

人気のコラーゲンサプリ

 

お手軽コラーゲンゼリー

 

人気のコラーゲン化粧品